キャステムが宇宙から紙飛行機を飛ばすプロジェクトを再始動

精密鋳造メーカーの㈱キャステム(福山市御幸町中津原1808—1、戸田拓夫社長)と宇宙開発ベンチャーのインターステラテクノロジズ㈱(以下IST、北海道広尾郡大樹町字芽武690—4、稲川貴大社長)は協同し、ISTが開発した観測ロケット「MOMO」を使い、宇宙から地球に向けて紙飛行機を飛ばすプロジェクトを1年越しに再始動する。それに伴い、新たな挑戦となる「超小型カメラ」「通信機器」「軽量バッテリー」「遠隔操縦」の4つの開発を支援する参画企業・教育機関・個人を募集する。

*この記事の全文は会員のみに表示されます
閲覧する為には、ユーザーの方はログインを、新規ユーザーの方は下記フォームより、登録の手続きを行ってください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目
2020-08-31 | Posted in 2020.9.1号No Comments »