府中のDDD.ラボがフェイスシールドを無償提供

デジタル工作機械などを備えた工房「DDD.ラボ」(スリーディーラボ、道の駅びんご府中内)の運営団体・NPO法人ふちゅう大学誘致の会メンバーである山路大介さん(㈱モノミラ社長、府中市元町445—1 府中商工会議所3階、℡0847・44・9755)は、3Dプリンターで飛沫感染防止用フェイスシールド=写真を生産し、府中市や福山市内の医療機関に無償提供している。山路さんは、大阪大学が取り組むフェイスシールド製作プロジェクトのメンバーでもある。

*この記事の全文は会員のみに表示されます
閲覧する為には、ユーザーの方はログインを、新規ユーザーの方は下記フォームより、登録の手続きを行ってください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目
2020-05-08 | Posted in 2020.5.10号No Comments »