府中市がマスクバンクを創設

府中市は4月、新型コロナウイルスによるマスク不足解消のため「府中マスクバンク」を創設した。団体・個人にボランティアでマスクを手作りしてもらい、マスクの確保が困難な現場に届ける。協力団体・個人には市からガーゼや布、ゴムひもなどが提供される。

*この記事の全文は会員のみに表示されます
閲覧する為には、ユーザーの方はログインを、新規ユーザーの方は下記フォームより、登録の手続きを行ってください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目
2020-05-08 | Posted in 2020.5.10号No Comments »