Plumeriaが「瀬戸内マルシェ」をプレオープン

㈱Plumeria(竹原市下野町3432—106、資本金300万円、藤崎大輔社長)は6月23日、瀬戸内のチッキ産品を扱うまちぐるみEC「瀬戸内マルシェ」をプレオープンした。

同社はソーシャルビジネスの手法を通じて営利と公益の両立を追求するソーシャルビジネス商社。地域の良さを最大限に表現できる新商品、新サービスの開発と拡販を地元の人との協業かつ広くデジタル&マーケティングチャンネルも駆使して展開する。

取り扱いを始めた商品は、社会福祉施設多機能型事業所あさひの「あさひチョコレート」、竹原市郷土産業振興館の「凍眠お刺身セット」、竹細工製品など。

あさひチョコレートはカカオ豆71%、てん菜糖29%の体に優しいハイカカオチョコレート。

凍眠お刺身セットは加工食品業界の最新技術「凍眠」で鮮度を保ち、芸南漁協から水揚げされた鮮魚を届ける。

竹細工製品は国の重要伝統的建造物群保存地区にある竹工房で職人が丁寧に制作した竹かご、指輪など。

https://www.setouchi-marche.com/

*この記事の全文は会員のみに表示されます
閲覧する為には、ユーザーの方はログインを、新規ユーザーの方は下記フォームより、登録の手続きを行ってください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目
2022-06-30 | Posted in 2022.7.1号No Comments »