尾道市が新型コロナ対策に約25億円投資

尾道市(平谷祐宏市長)は7月13日、7月補正予算に向けた新型コロナウイルス感染症対策の概要を発表した。6月にまとめた対策に続く第2弾。

総額は24億8426万円。これで今年に入ってからの新型コロナ対策費の合計は国民1人一律10万円の給付事業138億円を入れて一般会計ベース172億8000万円、特別会計を含めて174億8000万円となる。

*この記事の全文は会員のみに表示されます
閲覧する為には、ユーザーの方はログインを、新規ユーザーの方は下記フォームより、登録の手続きを行ってください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目
2020-07-18 | Posted in 2020.7.20号No Comments »