株式見通し No.43「日米株は上昇しやすい環境が 続く見通し」

 米国株は金利上昇が嫌気されて不安定な値動きとなっているが、米経済見通しの改善や緩和的な金融環境の継続により、株価が上昇しやすい環境が続くとみている。日本株は、2021年央にかけて①国内の新型コロナワクチン接種の進展、②4~5月の決算発表で株主還元発表の増加、③企業のガバナンス改革等が期待され、一段高となる可能性があろう。

*この記事の全文は会員のみに表示されます
閲覧する為には、ユーザーの方はログインを、新規ユーザーの方は下記フォームより、登録の手続きを行ってください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目
2021-04-20 | Posted in 2021.4.20号No Comments »