片山工業など3社が連携事業継続力強化計画の認定

片山工業㈱(尾道市因島重井町496、片山一憲社長、℡0845・25・1102)と㈲松本工業所(同市因島三庄町977、松本正紀社長)と㈱広島銀行は1月19日、連携事業継続力強化計画の認定を取得した。広島県内では3例目の認定で、備後地区では初認定となる。いわゆるBCP(事業継続計画)が大企業向けの防災・減災の危機管理対策なのに比べて、事業継続力強化計画は中小企業向けとなっており、経済産業省(中小企業庁)が公認するとともに、認定事業者にはさまざまなメリットが用意されている。

*この記事の全文は会員のみに表示されます
閲覧する為には、ユーザーの方はログインを、新規ユーザーの方は下記フォームより、登録の手続きを行ってください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目
2021-02-20 | Posted in 2021.2.20号No Comments »