この人に聞く株式会社大晃産業 代表取締役社長 松本 章仁氏

船舶用防火扉、厨房家具の製造では国内トップクラスのシェアを誇る㈱大晃産業(尾道市向島町)は2022年新年から松本章仁専務が新社長に就任、新体制で新たなスタートを切った。

 同社は松本照夫氏が1967年に創業、今回代表取締役会長に就任した松本隆弘氏が2代目としてさらに発展させ、長男の松本章仁専務にバトンを渡した。松本新社長は3代目として新たな針路を示し、事業発展を目指している。

 本社近くに建設した新たな工場も昨年9月から稼働を始め、船舶用居住区設備の枠を広げる生産体制も整えた。海事産業都市の一翼を担う船舶艤装品メーカーとして新たな領域への船出を目指す㈱大晃産業の松本新社長に同社の足跡とともに今後の針路を伺った。

*この記事の全文は会員のみに表示されます
閲覧する為には、ユーザーの方はログインを、新規ユーザーの方は下記フォームより、登録の手続きを行ってください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目
2022-01-19 | Posted in 2022.1.20号No Comments »