株式見通し No.52「2022年の日米株は年末にかけて堅調な推移を予想」

2022年も米国株は2021年ほどの好リターンは期待しにくいものの、上昇すると予想。急落局面があれば追加投資(押し目買い)をするという姿勢が重要となろう。日本株は、2022年後半には円安・原材料高にともなうコスト増への懸念が一巡するだろう。2022年末にかけては2022年度、2023年度の増益見通しを織り込み、上値を切り上げる展開になると予想する。 

*この記事の全文は会員のみに表示されます
閲覧する為には、ユーザーの方はログインを、新規ユーザーの方は下記フォームより、登録の手続きを行ってください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目
2022-01-19 | Posted in 2022.1.20号No Comments »