尾道の西国寺で火渡り

尾道市の真言宗西国寺(麻生章雄住職)で8日、新春恒例の柴燈大護摩法要が営まれ、山伏姿の僧侶や信者らが火渡りを行って、コロナ禍に負けないよう一年の無病息災、家内安全などを祈った。

*この記事の全文は会員のみに表示されます
閲覧する為には、ユーザーの方はログインを、新規ユーザーの方は下記フォームより、登録の手続きを行ってください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目
2022-01-19 | Posted in 2022.1.20号No Comments »