キャステムが産業用CTスキャン検査の受託サービスを本格化

ロストワックス製法の鋳造品メーカー、㈱キャステム(福山市御幸町中津原1808—1、戸田拓夫社長、℡084・955・2221)は昨年12月8〜10日に幕張メッセで行われたプラスチックジャパン展に出展、同社が運営する京都LiQビル(京都市)で行う産業用CTスキャン検査の受託サービスを体制強化して受注を本格化させた。

*この記事の全文は会員のみに表示されます
閲覧する為には、ユーザーの方はログインを、新規ユーザーの方は下記フォームより、登録の手続きを行ってください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目
2022-01-06 | Posted in 2022.1.10号No Comments »