カタオカがびんご運動公園のネーミングライツ優先交渉権者に

海産物問屋の㈱カタオカ(尾道市東尾道15—10、片岡彰一郎社長)はこのほど、県立びんご運動公園(同市栗原町)のネーミングライツの優先交渉権者に選ばれた。1月7日の契約締結を経て2月1日(火)から「こざかなくんスポーツパークびんご」の愛称が使用される。

*この記事の全文は会員のみに表示されます
閲覧する為には、ユーザーの方はログインを、新規ユーザーの方は下記フォームより、登録の手続きを行ってください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目
2022-01-07 | Posted in 2022.1.10号No Comments »