2021.8.20号 赤ランプ

短信情報

■成亘工業㈱(広島市西区、渡部哲平社長)と㈱ひろしま弐番(広島市西区、同社長)は7月20日、広島地裁から破産開始決定を受けた。破産管財人は櫻河内章悟弁護士(安芸法律事務所、広島市中区)。成亘工業㈱は解体工事業者で2020年に事業停止した成豊工業㈱(広島市西区、同社長)の関連会社。㈱ひろしま弐番は飲食店を経営していたが、近年は休眠状態だった。負債総額は東京商工リサーチ調べで2社合わせて約3870万円と見られている。

*この記事の全文は会員のみに表示されます
閲覧する為には、ユーザーの方はログインを、新規ユーザーの方は下記フォームより、登録の手続きを行ってください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目
2021-08-19 | Posted in 2021.8.20号No Comments »