稲田財務がブルーベリー観光農園を準備

財務コンサルティング業の㈱稲田財務(東京都大田区中馬込3—1—3—3、稲田裕社長)は、福山市田尻町で2024年オープンを目指しブルーベリー観光農園「田尻ブルーベリーファーム」(仮称)の準備を進めている。3月27日には、福山市出身の稲田社長の同級生や田尻町の未来を考える会のメンバーら約50人が280本の苗木を植える「定植祭」を開催。地元の人と連携しながら、開設に向けて盛り上げを図る。

*この記事の全文は会員のみに表示されます
閲覧する為には、ユーザーの方はログインを、新規ユーザーの方は下記フォームより、登録の手続きを行ってください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目
2021-04-09 | Posted in 2021.4.10号No Comments »