広島県東部初「うつみカキセンター」の共用開始

横島漁業協同組合(福山市内海町1102—1、渡邉冬彦代表理事組合長)は「うつみ牡蠣小町(三倍体牡蠣)」の安全性・生産性を向上させるため、広島県東部初の共同で利用できるカキの作業場「うつみカキセンター」の共用を開始した。

*この記事の全文は会員のみに表示されます
閲覧する為には、ユーザーの方はログインを、新規ユーザーの方は下記フォームより、登録の手続きを行ってください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目
2021-03-18 | Posted in 2021.3.20号No Comments »