特集―アグリビジネス現場から やぎ丸農場

農業を始めたきっかけ
 元々実家は兼業農家で稲作をしていました。農業をしたいという思いはありましたが、大学で畜産を学んだ後、福山市で働いていました。しかし、小規模で環境負荷の少ない自給的な農業がしたいという思いは消えませんでした。農業をよりビジネスとしてできないのかと考え、チーズが好きということもあり、6次産業化しようと考えました。北海道にチーズ作りの研修に行った後、Uターンで世羅に戻ってきました。やぎは傾斜地を好むので、世羅のような山間部特有の狭い土地や傾斜地にも適しています。また、やぎミルクは栄養価も高く希少であるので、チーズに加工できるようになると、収益化につなげられると考えたことからやぎを飼い始めました。

*この記事の全文は会員のみに表示されます
閲覧する為には、ユーザーの方はログインを、新規ユーザーの方は下記フォームより、登録の手続きを行ってください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目
2022-02-09 | Posted in 2022.2.10号No Comments »