福山医療専門学校学生が救急救命をVRで体験

福山医療専門学校(㈻福山医療学園運営、福山市引野町南1—6—45、東京太郎校長、℡084・946・6780)は12月6・8日、救急救命学科の学生を対象にVR(仮想現実)を活用して実際の救急救命現場について学ぶ実証授業を開いた。文部科学省に採択された「救急救命向けVR教育プログラム開発事業」の一環で、中四国地方では同校が初参加となる。

*この記事の全文は会員のみに表示されます
閲覧する為には、ユーザーの方はログインを、新規ユーザーの方は下記フォームより、登録の手続きを行ってください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目
2021-12-28 | Posted in 2022.1.1号No Comments »