株式見通し No.50「日本株の堅調な推移を予想、 年末ラリーの可能性も」

 米連邦政府の債務上限問題や中国の大手不動産会社の債務問題をいったんは乗り越えた米株式市場だが、新たな懸念材料として「スタグフレーション(Stagflation)」が取りざたされている。スタグフレーションとは「景気停滞(Stagnation)」と「物価上昇(Inflation)」を組み合わせた造語であり、景気停滞と物価上昇が併存する状況を指す。通常、景気が停滞する局面では需要が落ち込むため、物価上昇ペースの鈍化や物価下落が生じやすい。ただ、米国の歴史を振り返るとスタグフレーションに陥った局面があり、その最たる例が1973年に発生した第一次オイルショックによる経済の混乱である。

*この記事の全文は会員のみに表示されます
閲覧する為には、ユーザーの方はログインを、新規ユーザーの方は下記フォームより、登録の手続きを行ってください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目
2021-11-19 | Posted in 2021.11.20号No Comments »