尾道ブルワリーの2種がビールの国際審査会で銀賞と銅賞

尾道ビール㈱が運営する醸造所「尾道ブルワリー」(尾道市久保1—2—24、佐々木真人社長)はこのほど、「インターナショナル・ビアカップ2021」で「岩子島トマトヴァイツェン」が銀賞、「ましろコーヒーポーター」が銅賞を受賞した。同賞は1996年から始まった国際的なビール審査会で、年に一度開催される世界で3番目の歴史を持つ大会。

*この記事の全文は会員のみに表示されます
閲覧する為には、ユーザーの方はログインを、新規ユーザーの方は下記フォームより、登録の手続きを行ってください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目
2021-10-11 | Posted in 2021.10.10号No Comments »