尾道市が広島県冷凍空調工業会と災害協定

尾道市(平谷祐宏市長)は6月25日、市で備える防災資材機材等では対応できない大規模な自然災害を想定して、(一社)広島県冷凍空調工業会(広島市西区、浅田博昭理事長)と「災害時における空調設備等の応急対策の協力に関する協定」を締結。同工業会の濱本義樹副理事長も立ち会った。

*この記事の全文は会員のみに表示されます
閲覧する為には、ユーザーの方はログインを、新規ユーザーの方は下記フォームより、登録の手続きを行ってください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目
2021-07-09 | Posted in 2021.7.10号No Comments »