広島空港が7月に完全民営化

広島空港(三原市本郷町)が7月1日、完全民営化した。

特別目的会社の広島国際空港㈱(中村康浩社長)が滑走路とターミナルビルの一体的な運営を行い、設備の保守、保安に努める。

*この記事の全文は会員のみに表示されます
閲覧する為には、ユーザーの方はログインを、新規ユーザーの方は下記フォームより、登録の手続きを行ってください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目
2021-07-09 | Posted in 2021.7.10号No Comments »