M Supportがオンライン併用のリーダー育成プログラム開始

中小企業にマナーやコミュニケーションなどの研修サービスを提供するM Support(福山市本町、前田明子代表)は4月から、「若手リーダー育成ハイブリッド型6カ月研修」を始めた。入社3〜10年程度のリーダー職またはリーダー候補者が対象。オンラインでの座学講習とリアルでの実践講習を組み合わせ、コロナ禍の社員研修を円滑に支援する。近年は、上から指示するのではなく部下が自ら気付き、考え、行動することをサポートする「並走型」のリーダーが求められる傾向にある。それを踏まえ、同プログラムは3つのテーマに沿って進む。

*この記事の全文は会員のみに表示されます
閲覧する為には、ユーザーの方はログインを、新規ユーザーの方は下記フォームより、登録の手続きを行ってください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目
2021-05-10 | Posted in 2021.5.10号No Comments »