福山城天守外観復元に地元RC、LCがそれぞれ寄付

福山市は2022年に迎える福山城築城400年に向けて同城の天守外観復元のため「福山城400年記念基金」を設立。今回福山南ロータリークラブ(松本猛会長)、福山北ロータリークラブ(荒金弘幸会長)、松永ロータリークラブ(山本哲士会長)、福山葦陽ライオンズクラブ(瀨川尚秀会長)が同市にそれぞれ10万円を寄付し、各日に感謝状贈呈式が行われた。寄付金は全国唯一といわれる同城天守北側鉄板張りの復元に利用される。

*この記事の全文は会員のみに表示されます
閲覧する為には、ユーザーの方はログインを、新規ユーザーの方は下記フォームより、登録の手続きを行ってください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目
2021-04-09 | Posted in 2021.4.10号No Comments »