この人に聞く富野機工株式会社 代表取締役社長 野口 一郎氏

 富野機工㈱は、現社長の祖父が1970年に設立。設立当初から建設機材のレンタル業者として事業をスタートし、レンタルする機材の幅は多少広がったが、ぶれることなく建機を中心としたレンタル事業を継続している。

 3年前の西日本豪雨災害では、自社の建機も洪水被害にあいながら、被災した台数以上の多数の建機を新たに購入してレンタルに回し、災害復旧の工事の早期着手を後押しした。

 大手や建機メーカー系列の業者とも競合する中、地域に密着して半世紀を超え事業を続けてきた背景にある、自社の強みと今後の抱負などについて、同社の野口一郎社長に話をお聞きした。

*この記事の全文は会員のみに表示されます
閲覧する為には、ユーザーの方はログインを、新規ユーザーの方は下記フォームより、登録の手続きを行ってください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目
2021-03-10 | Posted in 2021.3.10号No Comments »