FACE (一社)三原青年会議所 理事長 舛谷 明倫さん

Connect Possibilities
可能性を紡ぎまちづくりの火種となる

■5年先を見据えた中期ビジョン策定
人に集まってもらって催しをすることが多い団体でしたが、それができなくなりました。それではどういうふうにすれば開催できるのか、など考えることがぐっと増えたこともあり、コロナ禍というのはある意味では新鮮だったような気がします。オンライン会議やLINEでのやりとりなどが一気に浸透しました。 5年間の中期ビジョン「Connect Possibilities 可能性を紡ぎまちづくりの火種となる」を策定しました。大まかな方向性だけにとどめており、中身は「愛されるまち・愛されるひと・愛される私たち」という3つに細分化し、会議所の取り組みがこの大枠から外れないようにしています。たとえば「愛されるひと」のジャンルでは下位概念として「郷土愛溢れる子ども」という項目を設定し、その上で「“歴史・文化”と“子ども”をつなぐ」という具体的な目標に落とし込んでいます。ビジョンを策定する委員会が昨年1年間をかけてじっくりと作成した内容です。

*この記事の全文は会員のみに表示されます
閲覧する為には、ユーザーの方はログインを、新規ユーザーの方は下記フォームより、登録の手続きを行ってください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目
2021-03-10 | Posted in 2021.3.10号No Comments »