西国寺で節分会「今年の願いはコロナ退散」

尾道市西久保町、真言宗醍醐派の西国寺(麻生章雄住職)で節分の日の翌日3日、恒例の星供節分会が開かれ、本堂の金堂(重要文化財)で護摩を焚く法要と福男・福女(年男・年女)夫妻によるお福投げが行われた。

*この記事の全文は会員のみに表示されます
閲覧する為には、ユーザーの方はログインを、新規ユーザーの方は下記フォームより、登録の手続きを行ってください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目
2021-02-10 | Posted in 2021.2.10号No Comments »