松永湾水産振興協議会等が干潟の改善状況について調査

松永湾のアサリ資源回復に向けた実証実験を行っている松永湾水産振興協議会(吉岡照明会長)と国立大学法人広島大学、中国電力㈱、尾道市は1月19日、干潟の改善状況について調査を行った。

*この記事の全文は会員のみに表示されます
閲覧する為には、ユーザーの方はログインを、新規ユーザーの方は下記フォームより、登録の手続きを行ってください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目
2021-01-30 | Posted in 2021.2.1号No Comments »