この人に聞く 藤井製帽株式会社 代表取締役社長 垣根 一允氏

帽子の自社ブランドを強化しつつ
Eコマースや海外市場への拡大図る

 尾道市の藤井製帽㈱は戦後間もない1948年の創業。麦わら帽子の製造販売から始まったが、原料の調達や製造を中国にシフトして、厳しい競争の中、多様な素材や縫製技術から帽子を製造販売する帽子の総合メーカーとして事業を継続してきた。
 尾道市街の海岸通りには2014年から小売店舗兼ショールームの役割を担う「小売部」を開設。自社ブランドの育成やBtoCの拡大に意欲的に取り組んでいる。2018年に社長に就任した垣根一允氏は麦わら帽子の伝統を引き継ぎつつ、新たなチャレンジを次々打ち出している。同社の近年の動きについて垣根社長に話をお聞きした。

*この記事の全文は会員のみに表示されます
閲覧する為には、ユーザーの方はログインを、新規ユーザーの方は下記フォームより、登録の手続きを行ってください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目
2021-01-30 | Posted in 2021.2.1号No Comments »