稲田屋レシピを阿藻珍味が継承

 101年の歴史を誇る大衆食堂「稲田屋」は12月15日、㈱阿藻珍味(福山市鞆町後地1567―1、粟村元則社長)に営業権とレシピを譲渡する契約を結んだ。稲田屋は今年9月23日、常連客に惜しまれながら閉店。ホルモンを甘辛く煮込んだ「関東煮」は看板メニューで、「福山のソウルフード」と呼ぶ人もいる。

*この記事の全文は会員のみに表示されます
閲覧する為には、ユーザーの方はログインを、新規ユーザーの方は下記フォームより、登録の手続きを行ってください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目
2020-12-19 | Posted in 2020.12.20号No Comments »