尾道市の財政見込み「令和元年度決算まとめ」

尾道市(平谷祐宏市長)はこのほど、令和元年度の決算見込みをまとめた。

一般会計は歳入688億9986万5千円、歳出680億8428万3千円で、差引額8億1558万2千円のプラス。差引額のうち翌年度に繰り越すべき財源が5億244万2千円あり、実質収支は3億1314万円の黒字だった。

*この記事の全文は会員のみに表示されます
閲覧する為には、ユーザーの方はログインを、新規ユーザーの方は下記フォームより、登録の手続きを行ってください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目
2020-09-10 | Posted in 2020.9.10号No Comments »