広島労働局が労働保険適用促進の広報を強化

広島労働局は事業主に向け、労働者を雇用した際の労働保険加入を促す広報活動を強めている。

労働災害の治療には病院で健康保険証が使えない。労働保険未加入の場合は保険料を遡って徴収するほか、労働保険給付に要した費用の40〜100%が事業主負担となることもある。

*この記事の全文は会員のみに表示されます
閲覧する為には、ユーザーの方はログインを、新規ユーザーの方は下記フォームより、登録の手続きを行ってください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目
2020-09-10 | Posted in 2020.9.10号No Comments »