三原市市長選挙―岡田吉弘氏が当選

河井案里参議院議員が初当選した2019年選挙の買収事件に関わり辞職した天満祥典三原市長の後任を選ぶ三原市長選挙が8月9日投開票され、教育団体代表で新人の岡田吉弘氏=自民党推薦が初当選した。

35歳の岡田氏は大阪府四條畷市の東修平市長(31)に次いで全国で2番目に若い現役市長となる。任期は4年。

*この記事の全文は会員のみに表示されます
閲覧する為には、ユーザーの方はログインを、新規ユーザーの方は下記フォームより、登録の手続きを行ってください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目
2020-08-19 | Posted in 2020.8.20号No Comments »