キャステムが阪大開発のフェイスシールド製造

精密鋳造メーカーの㈱キャステム(福山市御幸町中津原1808—1、戸田拓夫社長、℡084・955・2221)は、新型コロナウイルスの飛沫感染・接触感染を防ぐPPE(個人防護具)として大阪大学が開発したフェイスシールド「HANDAIフレーム」=写真を製造し、小西医療器㈱(大阪市中央区、堤田宏社長)から全国の医療機関に向け販売する。8月24日(月)から順次出荷する。

*この記事の全文は会員のみに表示されます
閲覧する為には、ユーザーの方はログインを、新規ユーザーの方は下記フォームより、登録の手続きを行ってください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目
2020-08-19 | Posted in 2020.8.20号No Comments »