映画館より愛を込めて(138)

映画館より愛を込めて(138)
「NPO法人シネマ尾道」代表理事 河本清順

「アーティストは今、生命維持に 必要不可欠な存在」。

 新型コロナウィルスによる経済の打撃を受け、ドイツのモニカ・グリュッタース文化相はそう断言し、アーティストに即時支援を行ったことが世界で話題になりました。それは、文化活動を営む我々にとっても大きな勇気と希望になった出来事でした。

 コロナ禍をきっかけに、日本では文化活動に対し国に支援を求める動きが始まりました。映画は「SAVE the CINEMA」、演劇は「演劇緊急支援プロジェクト」、音楽は「Save Our Space」。

 それぞれで活動していた3つの団体が共同のアクションとして「We Need Culture」という団体を立ち上げ、現在も活動を広げています。  先日、「We Need Culture」主催の「webシンポジウム~この国は文化芸術を救えるのか~」に、僭越ながら映画業界の代表として生出演させていただきました。コロナ禍における地方の映画館の現状とこれからの課題についてお話しさせていただき、現在も休業中のライブハウス、演劇活動の苦労など、各分野のリアルな現状と課題を共有できた貴重な機会となりました。

 「We Need Culture」の活動の目的は、コロナ禍で苦境に追い込まれた文化を守ると同時に、アフターコロナに今度は逆に文化の方から社会を支えられるような仕組みづくりである「文化芸術振興基金」の立ち上げです。長期戦になるコロナ禍に対し、将来に向けてどのように向き合っていくべきか、文化の担い手、鑑賞者がこれからも手を組んで考えていけたらと思います。

We Need Culture主催「webシンポジウム~この国は文化芸術を救えるのか~」の様子

上映スケジュール
●8月8日(土)~8月14日(金)
野のなななのか 9:30~ 海辺の映画館 キネマの玉手箱 12:35~
デッド・ドント・ダイ 15:50~
●8月15日(土)
東京裁判 9:00~ 海辺の映画館 キネマの玉手箱 13:50~
エレファント・マン 17:05~ デッド・ドント・ダイ 19:20~
●8月15日(土)~8月21日(金)
はちどり 9:00~ 海辺の映画館 キネマの玉手箱 11:35~ 
エレファント・マン 14:50~  デッド・ドント・ダイ 17:10~
●8月22日(土)~8月28日(金)
ハニーランド永遠の谷 9:00~ 一度も撃ってません 10:40~
海辺の映画館 キネマの玉手箱 12:35~ 
ロングデイズ・ジャーニーこの夜の涯てへ 15:50~ はちどり 18:20~

「シネマ尾道」
公式サイトURL http://cinemaonomichi.com/
尾道市東御所町6-2 TEL(0848)24-8222

*この記事の全文は会員のみに表示されます
閲覧する為には、ユーザーの方はログインを、新規ユーザーの方は下記フォームより、登録の手続きを行ってください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目
2020-08-07 | Posted in 2020.8.10号No Comments »