この人に聞く 尾道造酢株式会社 執行役員 田中丸 善要氏

酢一筋430余年
伝統を守り、新たな挑戦

カクホシ印で430余年の歴史を誇る尾道造酢。良質な水に恵まれた尾道市久保(水尾町)の一角にある。毎年この時期には「水祭り」が開かれるほど、水が育んだ地域。1582(天正10)年、豊臣秀吉が雇い入れた酢職人を堺から招き、尾道で酢造りが始まったといわれる。1955年には現在のキユーピーマヨネーズに酢を納入したことでも有名。歴史を継承し新たな商品開発にチャレンジしている後継者の田中丸善要さんに聞いた。

*この記事の全文は会員のみに表示されます
閲覧する為には、ユーザーの方はログインを、新規ユーザーの方は下記フォームより、登録の手続きを行ってください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目
2020-07-29 | Posted in 2020.8.1号, この人に聞くNo Comments »