尾道市立市民病院が新型コロナの患者受け入れ協力病院として7床の施設整備

尾道市立市民病院(尾道市新高山3—1170—177、大枝忠史院長)はこのほど、新型コロナウイルス感染症の患者受け入れ協力病院として7床の施設整備などを行った。

*この記事の全文は会員のみに表示されます
閲覧する為には、ユーザーの方はログインを、新規ユーザーの方は下記フォームより、登録の手続きを行ってください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目
2020-06-29 | Posted in 2020.7.1号No Comments »