クラタ食品の生パスタなど新商品が好調

麺類製造販売の㈲クラタ食品(福山市東手城町1—31—1、倉田安彦社長)は2月以降、新型コロナウイルス感染拡大の中で、海外向けや業務用麺の不振が続く中で、小売店向けやネット通販での麺販売が好調。5月以降は次々と新商品を投入し、コロナ禍のピンチをチャンスに変えようとしている。

*この記事の全文は会員のみに表示されます
閲覧する為には、ユーザーの方はログインを、新規ユーザーの方は下記フォームより、登録の手続きを行ってください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目
2020-06-20 | Posted in 2020.6.20号No Comments »