タカノブ食品が消毒液8缶を府中市に寄付

 水産冷凍食品の製造のタカノブ食品㈱(府中市府川町209、岡崎浩二社長)は6月5日、消毒液8缶を府中市に寄付した=写真。寄付した消毒液は、サラヤ㈱のエタノール製剤17ℓ 。府中市は学校を含め、公共機関での消毒液が不足してため、有効に使いたいと話す。

*この記事の全文は会員のみに表示されます
閲覧する為には、ユーザーの方はログインを、新規ユーザーの方は下記フォームより、登録の手続きを行ってください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目
2020-06-09 | Posted in 2020.6.10号No Comments »