大田記念病院と梶原化学工業が介護用エプロンを開発

社会医療法人祥和会(大田泰正理事長)の中核的医療施設である脳神経センター大田記念病院(福山市沖野上町3—6—28、郡山達男院長)と、ポリエチレンフィルム製品メーカーの梶原化学工業㈱(同市千田町1—35—22、梶原正己社長)は、共同で使い捨てプラスチックエプロン「スタッフガードPRO」を開発。5月25日から、感染防御用品を扱う㈱備後ヘルスケアプランニング(大田記念病院店内、神野貴志社長)がウェブショップ(https://bhp.thebase.in/)で販売している。

*この記事の全文は会員のみに表示されます
閲覧する為には、ユーザーの方はログインを、新規ユーザーの方は下記フォームより、登録の手続きを行ってください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目
2020-06-09 | Posted in 2020.6.10号No Comments »