青山商事が福山市へ防護服とマスク寄付

 紳士服製造販売の青山商事㈱(福山市王子町1—3—5、青山理社長)は5月20日、同市と締結済の包括連携協定の一環として、防護服2千着とマスク20万枚を寄贈した。防護服は同社と長年取引ある中国の縫製工場から調達した、医療現場で使用可能なタイプ。マスクも取引企業を通じて中国から調達したもので、3層構造になっている。前者は防護服が不足する医療現場へ、後者はマスクを必要とする医療施設や介護施設へ、市を通じて届けられる。

*この記事の全文は会員のみに表示されます
閲覧する為には、ユーザーの方はログインを、新規ユーザーの方は下記フォームより、登録の手続きを行ってください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目
2020-05-29 | Posted in 2020.6.1号No Comments »