びんご経済レポート発刊55周年特集④

昭和50年代、内閣は三木武夫、福田赳夫、大平正芳、鈴木善幸、中曽根康弘と続く、いわゆる「角福三大中」の時代でした。田中角栄は金脈問題で退きましたが、田中派の影響力は竹下登による竹下派(創政会)の旗揚げまで続きました。

*この記事の全文は会員のみに表示されます
閲覧する為には、ユーザーの方はログインを、新規ユーザーの方は下記フォームより、登録の手続きを行ってください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目
2018-06-15 | Posted in 2018.6.20号No Comments »