株式見通し No.51「米国株は2022年も上昇へ、 日本株は年央高を予想」

  当面の米国株は、企業利益拡大による株価押し上げが金利上昇の悪影響を上回り、上昇基調が続くと予想。また、S&P500指数が20%超上昇した翌年も米国株は堅調に推移する傾向があり、2022年に反動安を警戒する必要性は乏しいだろう。日本株は、22年前半に原材料高・円安にともなうコスト増への懸念における織り込みが一巡し始め、22年央にかけては新型コロナ感染抑制や経済対策が相まって日本株再評価の動きが出てこよう。

*この記事の全文は会員のみに表示されます
閲覧する為には、ユーザーの方はログインを、新規ユーザーの方は下記フォームより、登録の手続きを行ってください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目
2021-12-28 | Posted in 2021.12.20号No Comments »