2020.7.10号 赤ランプ

■㈲佳世(広島市、志茂佳世子社長、婦人服製造販売)は6月11日、広島地裁から破産開始決定を受けた。破産管財人は丸岡道秀弁護士(丸岡法律事務所、広島市)。負債総額は東京商工リサーチ調べで債権者50〜60人に対して約1億2千万円。

■㈱マツサカ(倉敷市、代表清算人=坂田光弘氏、元食品スーパー)は6月12日、岡山地裁倉敷支部から特別清算開始決定を受けた。2018年5月に大黒天物産㈱の子会社のマツサカ㈱にスーパーマーケット8店舗を譲渡し、2020年2月の株主総会で解散、金融債務整理のために特別清算を申し立てた。

■伸陽産業㈱(広島市、矢部修社長、給食事業ほか)は6月15日、広島地裁から破産開始決定を受けた。破産管財人は三宝明義弁護士(大本・三宝・桑原法律事務所、広島市)。負債総額は約1億円。

*この記事の全文は会員のみに表示されます
閲覧する為には、ユーザーの方はログインを、新規ユーザーの方は下記フォームより、登録の手続きを行ってください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目
2020-07-09 | Posted in 2020.7.10号No Comments »