舟券売場賛成の無効求めた裁判尾道支部で住民訴訟棄却の判決

尾道市の新高山団地町内会が舟券売場建設賛成とした意思決定に関して住民が無効を求めた裁判の判決が6月16日、広島地方裁判所尾道支部であり、木村哲彦裁判官は原告の主張を退け、棄却した。原告は場外舟券売場に反対している市民連絡会の黒田譲代表ら。

*この記事の全文は会員のみに表示されます
閲覧する為には、ユーザーの方はログインを、新規ユーザーの方は下記フォームより、登録の手続きを行ってください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目
2020-06-29 | Posted in 2020.7.1号No Comments »