この人に聞く 植田法律事務所 弁護士 植田 忠司氏

社会の保護役として平穏な生活に助力
依頼者の相談聞きほどき解決へ導く

尾道市向島出身の75歳。法律事務所を開設して45年が経ち、来年で弁護士人生50年を迎える植田法律事務所の植田忠司さん。長年の経験から相続・交通事故・中小企業の独禁法に関することまで、実績は多岐にわたる。近年ではいじめやストーカーを防ぐ運動を目的に、複数の県議と協議し(一社)尾道防犯協議会を立ち上げて活動している。相談依頼者が尾道からくる人が多いことから、このほど事務所を福山市から尾道市へ移し、さまざまな相談・依頼を解決へと導いている。「元気なうちは続けたい。法律家としての一生ですね」と笑う植田弁護士に、これまでの歩みをお聞きした。

*この記事の全文は会員のみに表示されます
閲覧する為には、ユーザーの方はログインを、新規ユーザーの方は下記フォームより、登録の手続きを行ってください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目
2020-04-27 | Posted in 2020.5.1号, この人に聞くNo Comments »