この人に聞く 株式会社カタオカ 代表取締役社長 片岡 彰一郎氏

いりこ・ちりめんを主力にしつつ
新商材や海外に可能性広げる

1969年に現社長の父・片岡文彰氏が創業し、72年に法人化した、海産物卸・食品加工の㈱カタオカ(尾道市)。文彰氏の故郷・愛媛県の日振島から甥っ子8人を呼び寄せ、寝食を共にしながら歯を食いしばって働いたという創業期。地元で「いりこ」と呼ばれるカタクチイワシの煮干しの袋詰めからスタートし、タレサ(カタクチイワシのみりん干し)の袋詰め、サゴシの開き加工、さきいかの袋詰めなど「売れるものなら何でもやる」の精神で、事業拡大にまい進してきた。
この度、創業50周年を迎えた同社。これまでの歩みや、最近の取り組みを振り返るとともに、目指すべき企業の将来像について、片岡彰一郎社長に話をお聞きした。

*この記事の全文は会員のみに表示されます
閲覧する為には、ユーザーの方はログインを、新規ユーザーの方は下記フォームより、登録の手続きを行ってください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目
2020-03-28 | Posted in 2020.4.1号, この人に聞くNo Comments »