尾道開港850年当日に記念碑除幕式や記念講演会など開催

尾道開港850年記念実行委員会(福井弘委員長=尾道商工会議所会頭)は11月23日、尾道港の開港からちょうど850年を迎えた当日を祝い、記念碑除幕式や記念講演会、記念交流会などを行った。当時の権力者・後白河法皇が、尾道港を当時世羅にあった荘園「大田庄」(おおたのしょう)の「倉敷地(=積み出し港)」に指定したのが、1169年11月23日付けの文書で残されている。

*この記事の全文は会員のみに表示されます
閲覧する為には、ユーザーの方はログインを、新規ユーザーの方は下記フォームより、登録の手続きを行ってください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
* TOS
*必須項目
2019-12-10 | Posted in 2019.12.10号No Comments »