カタオカが尾道市立大学と産学連携

尾道市立大学(尾道市久山田町1600—2)は海産物問屋の㈱カタオカ(同市東尾道15—10、片岡彰一郎社長)と産学連携を行い、AIを使用した技術を研究開発した。

*この記事の全文は会員のみに表示されます
閲覧する為には、ユーザーの方はログインを、新規ユーザーの方は下記フォームより、登録の手続きを行ってください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
* TOS
*必須項目
2019-12-02 | Posted in 2019.12.1号No Comments »