この人に聞く 尾道サイクリング協会 理事長 濱本 義樹氏

自転車は「車両」が世界の標準
車道整備で自転車の安全確保を

しまなみ海道をサイクリングで盛り上げようと、2009年に立ち上げられたのが、サイクリストの愛好者らで組織する任意団体「尾道サイクリング協会」。サイクリングを通じてしまなみ海道や尾道の魅力を伝える一方、サイクリングロードでの伴走サポートや道路清掃などを通じて、地域のサイクリング振興にも尽力する。
同協会理事長の濱本義樹氏も、サイクリングを通じて、しまなみ海道の魅力に気付いた一人。しまなみ海道サイクリングロード全線にブルーラインが引かれ、整備が進んできたものの、世界の先進事例に比べるとまだまだ不十分で、今後の整備計画には認識不足の点が多く見受けられるという。将来を見据えた、望ましいサイクリングロード整備の方向性について、濱本理事長に話をお聞きした。

*この記事の全文は会員のみに表示されます
閲覧する為には、ユーザーの方はログインを、新規ユーザーの方は下記フォームより、登録の手続きを行ってください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
* TOS
*必須項目
2019-10-17 | Posted in 2019.10.20号No Comments »