この人に聞く 有限会社シップペイント藤田 代表取締役 堀内 康秀氏

多分野で培った塗りの技生かし
金襴や年輪でランチョンボード

社名の通り、かつては船舶塗装をほぼ専業にしていた㈲シップペイント藤田。その後建築塗装など陸上分野の塗装工事に進出したが下請けでの工事は行わず、個人や法人から屋根や外壁の塗装を中心に直接受注して、細かい要望に応えてきた。
そして多分野で塗りを経験してきた堀内康秀社長自らが考案・開発・製造し、昨年秋から販売しているのが、本物の金襴や年輪を取り入れ、鏡面塗装で仕上げたランチョンボードや茶(ティー)マットをはじめとした「忍(SHINOBI)」シリーズ。インバウンド市場に挑戦するなど、気になる同シリーズの取り組みを中心に、堀内社長に話をお聞きした。

 

*この記事の全文は会員のみに表示されます
閲覧する為には、ユーザーの方はログインを、新規ユーザーの方は下記フォームより、登録の手続きを行ってください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
* TOS
*必須項目
2019-09-19 | Posted in 2019.9.20号No Comments »